商材案件レビュー

バナナデスク氏の匿名インフルエンサービジネスは本当に稼げるのか?

こんにちは、がっちゃんです。

ネットの世界で影響力のある人って誰だと思いますか?って聞かれてすぐに思い浮かぶ人は、YouTuberの場合『ヒカキン氏』、『ヒカル氏』、『はじめ社長氏』、『てんちむ氏』がすぐに出てきますよね。

そして、ネットビジネスの世界で名が通っている人で誰が思い浮かびますか?っと聞かた場合”ぱっと思い出す”人がいます。

それは、バナナデスク氏(岡田崇司氏)です。この人は、ブログやアフィリエイトなどの情報商材をこれまでに数多くオファー販売してきた人です。

そして、

最近、YouTubeを視聴する際に気になる広告が流れて来ます。それは、このような内容です。

『年齢・学歴・スキル・居住地』不問の全く新しいビジネス、最短1週間で学べる匿名インフルエンサー無料講座❕

という情報商材オファー動画を良く目にするようになりました。

この商材は、バナナデスク氏(岡田崇司氏)が主催しているようです。バナナデスク氏(岡田崇司氏)は今までに、数多くの情報商材をオファーしてきている人で、手がける情報商材は、良い評判のものがあったり、悪い口コミが書かれていたり、それは千差万別の評価を受けています。

ここへ来て、最近になってこのようなオファー案件を目にするのですが、大丈夫な情報商材ですか?と尋ねられることが増えてきたので今回私が、このバナナデスク氏(岡田崇司氏)の匿名インフルエンサービジネスにつて検証し、レビューして行きたいと思います。

バナナデスク氏(岡田崇司氏)の匿名インフルエンサービジネスは本当に稼ぐことができるのか?

情報商材の内容に入る前に調べておきたいことがあります。それは、ネット販売の世界で重要視される項目の1つに『特商法(特定商取引法)に基づく表記がサイト内に記載されているかどうか』というものがあります。つまり、これはネットで買い物をする消費者を守る法律です。

訪問販売、通信販売、連鎖販売取引などといった消費者トラブルを生じやすい特定の取引形態を対象として消費者保護と健全な市場形成を促せるように取り組み、事業者の不適正な勧誘、取引を取り締まるための法律です。

この特商法が販売サイト内に記載がない場合は、どれだけ魅力的なセールスだったとしても購入に至ることはお勧めできません。かといって特商法の表記が記載されていたとしてもその内容があいまいなものや、常識を逸脱した内容のものがあったりしますので、注意深く読まれることを推奨します。これだけでも、詐欺商材や疑わしい商材から身を守ことができます。

インフルエンサービジネスの特商法がサイト内に記載されているかを確かめたいと思います。

このサイトには特商法が記載されていました。

住所や連絡先もきちんと記載されています。個人情報保護の観点からも情報流出の心配もなさそうです。

しかし、購入に関して商品の代金表記も無く、返金保障や分割ローンの詳細などの記載がありません。これらの情報を特商法表記内容に載せていない段階で、この情報商材は怪しいのではないか?と疑われても仕方ありません。私の個人的な考えではあまりお勧めできないですね。ですから、購入の際は十分に注意して自己責任で購入するようにしてください。

何やらきな臭い感じになってきましたね。確かに何かにおいそうですね。もっと調べたくなりました。

バナナデスク氏(岡田崇司氏)匿名インフルエンサービジネスの全貌をひも解いていきたいと思います。

無料講座1を視聴して分かったこと。

インフルエンサーと匿名インフルエンサーの違いについてお話しします。

インフルエンサーとは一般的には、SNSなどで数多くのフォロワーを保有し多くの人達に影響力を与える人のことを言います。そして、企業の広告塔として商品やサービスをs自身のSNSで宣伝し、その対価として報酬を獲得しています。

通常のインフルエンサーは、容姿に恵まれていたり、時代の先取りがあるおしゃれ人やマネができない類まれな能力を持っていたりとカリスマ性があります。

ですから、誰でもインフルエンサーになれるものではないわけです。

しかし、この匿名インフルエンサーは誰でもインフルエンサーになることができる。と言っています。

容姿・年齢・性別・カリスマ性・特別なスキルなど一切関係ない。顔出しの必要もない。

匿名インフルエンサーは、そういったものは一切必要なく報酬を得ることができる。と言っています。

一般的なインフルエンサー以上の多大な影響力と膨大な報酬を得る事も可能である!と言っています。

実際に、月10万~100万 中には月1000万以上稼ぐ人もいるそうです。

無料動画2を視聴して分かったこと。

匿名インフルエンサービジネスで使用するメディアは2つだけで、「ブログ」と「YouTube」です。

独自ノウハウを使うことで顔出しや素性公開をせずとも普通の人が”匿名インフルエンサー”になれるそうです。

リスクがほとんどなく特別なスキルや知識も不要でパソコン1台で完結できる初心には特に取り組みやすい環境が揃っています。

無料動画3を視聴して分かったこと

様々な業界の超大手企業からの案件が多数存在しそれらを使って報酬を得ているみたいですね。

個人で稼ぐ力が重要になる時代に、この匿名インフルエンサーで実績を出されている方達がいます。

匿名インフルエンサーに取り組まれている人の中には、数十万から100万円を稼いでいる人がいるようです。

今回のオファー案件の仕掛け人の岡田崇司氏とはどういった人物なのかを見ていきましょう。

岡田崇司氏(バナナデスク)はネットビジネス業界では知らない人はいないと思うくらい超有名人です。なぜかと言うと、彼がこれまでに紹介して来た情報商材の中には5,6年前から現在に至るまでに超バカ売れしている情報商品があります。それは、【下剋上∞】です。この商材はインフォトップで安定した高い売り上げを出し続ける為に、ついには”殿堂入り”の商材になりました。この結果からもわかるようにブログやアフィリエイトなどで稼げる為のノウハウが盛り込まれたものなので今でも根強い人気を誇っています。

【下剋上∞】の評価や口コミは、実際にきちんと基本を押さえて取り組めている人は、成果をあげているようです。しかし、岡田崇司氏の教え通りでは無く我流のノウハウで実践に至ってしまった人達からは、上手く稼ぐ事ができないために”詐欺”などと言われたりしています。

私は、【下剋上∞】のノウハウは、ブログやアフィリエイトで稼ぐ為に必要なノウハウが網羅されています。一つ一つ基本通りに実践すれば成果が出るだろうなあ。という印象を受けました。

岡田崇司氏(バナナデスク氏)は、他にも色々な情報商材をオファーしているので、上手くいかなかった人達からは色々と叩かれていることもあるようですね。

バナナデスク氏(岡田崇司氏)匿名インフルエンサービジネスのまとめ

今回のオファー案件『匿名インフルエンサービジネス』の無料動画やLPを紐解いてみましたが、顔出しいないでインフルエンサーのような影響力で時間にとらわれずに、スキルも必要なく1週間で稼げる技術をマスターできて成果を上げることが誰でも可能である。

と、動画内で説明がなされています。ブログやYouTubeの2つのメディアを使って稼ぐスタイルであることは分るのですが、ここにきてまだ腑に落ちない点があります。それは、何十万円も稼げる情報商材なんでしたら、そこには、具体的なノウハウやロジックが必ずあると思います。

しかし、

収益が上がる根拠となる取り組みの詳細がどこにも記されていないのです。

そして、『匿名インフルエンサービジネス』の評判や口コミがネット内でどこを検索しても現れないのです。

説明動画内では何十万円~100万円を稼いでいる人の実績画像が流れたり、感想を述べているシーンがあるのですが、ネット内からはその声を拾いあげることはできていません。

『何故なのでしょうか?』

そういったところを鑑みて、今回のオファー案件『匿名インフルエンサービジネス』は、本当に稼げるのか?について多面的な角度で調べてみましたが、確たる実証が拾えなかったです。ですから、あまりお勧めできる情報商材ではないと言えそうです。もしも、購入しようと考えている人は自己責任のもと慎重に考えて購入されるようにしてください。

ここまで、私の記事(匿名インフルエンサービジネス)を読んで頂いてありがとうございました。

私は、あなたの助けになりたいと思っています。なにか私に聞いてみたいことやブログの感想又は、あなたの今抱えているお悩みなど、些細なことや、なんでも相談にのりますので宜しけれこちらまで、ご連絡下さい。お待ちしています。どうもありがとうございました。

連絡先はこちら→gachan1901@gmail.com

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村